【結婚指輪 山形】着けたときに印象が違う?!甲丸と平打ちについて(ウェディ山形店)

2022.04.20
ピンクゴールド結婚指輪
山形 結婚指輪・婚約指輪専門店 ウェディ山形店
ブライダルコンシェルジュ 石川千尋

結婚指輪の永久定番デザイン
甲丸リングと平打ちリング

結婚指輪のフォルムは大きく分けると2種類あります。それは【甲丸リング】【平打ちリング】です。ずっと身に付けるものだからこそ、デザインはシンプルに年齢を重ねてもデザインに飽きが来ないように、という方も多いです。デザインはベーシックですが、結婚指輪の形によって大きく雰囲気が変わりますので、とても重要な選択なのです。【甲丸リング】【平打ちリング】について解説していきます。

甲丸リングとは?

甲丸リングとは、リングの表面が緩やかに曲線になっている断面形状のことです。丸さがあり柔らかなな印象の形状は、薬指以外の指との当たり具合も良く、角が無い為着け心地が良いと評価する方は多いです。実際に昔から定番の形状だったため、「薬指の甲丸リング」といえば、いかにも結婚指輪という印象となります。

平打ちリングとは?

平打ちリングとは、リングのアーム表面がフラットで平らな形状のことです。断面にすると角があり、エッジが効いたラインが美しく幅や厚みの違いで印象の違いを出すことが出来ます。甲丸の指輪と異なるのは、身に付けたときの手元の印象が、シャープでカジュアルな要素が含まれることです。

甲丸リングと平打ちリング、どっちを選んだらいいの?

最終的には好みのデザインを選ぶ、ということになるかもしれません。付け心地で比べた場合、甲丸リングの方がいいとおっしゃる方は多いかと思います。指輪のデザイン力存在感が大事なハワイアンや、手彫り加工などの表面加工をするものには平打ちリングの方がいいかもしれません。また。カップルさんによってはお二人で相談されて男性が平打ち、女性が甲丸といったデザイン違いの結婚指輪を選択されることもあります。

WEDY取り扱いブランド
甲丸モデル紹介

AHKAHよりオネスティリング
M ¥69300 K18WG
L ¥69800 K18YG
BELE NOBLEよりフィエスタ

WEDY取り扱いブランド
平打ちモデル紹介

AHKAHよりティナリング

アーカーの結婚指輪

MEISTERよりコンビネーションリング
MEISTER

平打ちと甲丸のそれぞれの良いところ

甲丸リングは優しさや馴染みの良さがありますが、平打ちはスッキリとシンプルに手元を演出してくれます。それぞれのフォルムで素材などを工夫すると平打ちだけど柔らかくてスッキリ見えるというモデルもあります。逆に甲丸を選んだら素材によっては、手が太く見えてしまって・・・ということもあります。WEDY山形店に来て頂ければ数多くの結婚指輪の中から試着できますので、是非お気軽にお越しください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

WEDY山形の詳細はこちら

ご来店予約はこちら

WEDY(ウェディ)山形
〒990-0042
山形県山形市七日町2丁目1-8
E-NASビル1F・2F
Tel:023-615-4171
Mail:y@jewelry-cf.com

ご来店予約で
3,000円プレゼント
仙台一番町店へ
電話する
店舗への
アクセスマップ