【結婚指輪 イオン名取】ラザールダイヤモンド美しさの秘密[セントロフェリシタ]

2020.10.02
イオン名取 結婚指輪・婚約指輪専門店 セントロフェリシタイオンモール名取店
ブライダルコンシェルジュ 佐藤 瞳

世界三大カッターズブランドに数えられ、最高峰の輝きと称えられているラザールダイヤモンド。
虹色の輝きが美しいラザールダイヤモンドの輝きの秘密をご紹介します。

完璧な美しさを備えたアイディアルメイク

最高の輝きを追い求めたラザールキャプランは、従兄弟で数学者のマルセル・トルコフスキーの理論を基に、ダイヤモンドが最大限に輝く完璧なプロポーションのカッティングを世界で初めて実現させました。
”アイディアルメイク”といわれるこのカッティングは、原石が秘めた僅かな光の根源を最大限に引き出し、まばゆいまでの美しい煌めきを叶えます。

アイディアルカットが生み出す3つの輝きのバランス

シンチレーション

ダイヤモンドの光の煌めきを意味します。

ブリリアンシー

ダイヤモンド内部に入った光が屈折を経て、そのまま上部に反射する強く白く輝く光。

ディスパージョン

ダイヤモンド内部で光が屈折を繰り返す際に見える虹色に輝く色彩豊かな光。

理想的なカットを施されたダイヤモンドは、あらゆる面からの光をダイヤモンドの内部で反射し、輝きを更に増しながら上面から光を放ちます。
ダイヤモンドから放たれる輝きには「シンチレーション」「ブリリアンシー」「ディスパージョン」の3種類があります。
この輝きの3要素のバランスが良く、ダイヤモンドだけが持つ理想の輝きを放つカットが”アイディアルメイク”です。
これはラザールダイヤモンドだけが成せる究極のカッティング技術で、GIAのカット基準の最高評価「エクセレントカット」の範囲よりも狭い基準値で、最高峰の輝きを放つカットと表現されています。

アイディアルメイクのこだわり

ダイヤモンドは原石からカッティングする際、大きさや重さを優先させたり、内包物を避けたり、ダイヤモンドに理想的ではないカッティングを施したものもたくさん存在します。
浅すぎたり深すぎるカットでは、ダイヤモンドの側面や底から輝きが漏れるため、ダイヤモンド本来が持つ輝きを得る事が出来ません。
”アイディアルメイク”にするためには、ダイヤモンド原石を贅沢に削る必要があり、かなり多くの原石を犠牲にしなければなりません。

ラザールダイヤモンドは、この最高技術でしか生み出されない”アイディアルカット”のダイヤモンドのみを使用しています。
徹底的にこだわり抜いたダイヤモンドのみを使用することで、最高峰の美しい輝きを実現しています。

セントロフェリシタイオンモール名取店では、ラザールダイヤモンドの婚約指輪、結婚指輪を取り揃えております。
ダイヤモンドの美しい七色の輝きを、お客様ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。
一生物のダイヤ選びですので、当店のブライダルコンシェルジュがしっかりとサポート致します。お気軽にご来店くださいませ。

セントロフェリシタイオンモール名取へのご予約はこちらから


ご来店予約で
ギフト券プレゼント

お電話にて
問い合わせ

店舗への
アクセスマップ