【結婚指輪 山形】プレ花嫁必見!前撮りを早めにするワケ[ウェディ山形]

2022.05.08
山形 結婚指輪・婚約指輪専門店 ウェディ山形店
ブライダルコンシェルジュ 手塚 春菜

皆さんは順調に結婚準備できていますか?結婚準備といえば、一番に思い浮かぶのが「結婚式」ですが、プロポーズ後に両家両親へのご挨拶を経て、顔合わせ食事会、入籍などしっかりと段取りをすべき場面が多数あります。今回はプレ花嫁、プレ花婿必見の結婚準備についてご紹介いたします。

結婚準備とは?

プロポーズの後、結婚に向けてどんな順序で進めていくかご存知ですか?一般的な流れをご紹介いたします。

1.両家両親へ結婚のご報告、挨拶

それぞれがご両親へ結婚する意志を報告した上で、女性宅、その次に男性宅へお互いの紹介とともに、結婚の許しを頂く流れとなります。

 

2.両家顔合わせ・結納

両家両親が一堂に会して、結納品を取り交わす婚約の儀式を行います。また、最近では結納ではなく食事会をメインにカジュアルに取り行う顔合わせ食事会のみ行う方も増えています。

 

3.入籍・結婚式の日取り決定、式場探し

入籍と結婚式の日取りを決める必要があります。どちらが先でも問題はありませんが、一般的には入籍後に結婚式を行う方が多いようです。式場も合わせて探し始めます。

 

4.結婚指輪選び

結婚指輪は入籍日の約3~4ヶ月前から探し始めるのが良いです。様々な指輪のデザインやブランドから1つに決めるのは時間がかかりますので、余裕を持って動くことをお勧めします。

 

 

5.友人、職場へ結婚報告

ご両親や親せきの方への報告が済んだら、次は親しい友達、職場の上司、同僚への報告を行いましょう。報告し忘れることの無いように注意が必要です。

 

6.結婚式準備(前撮り日取り決定)

結婚式は約半年前から打ち合わせ開始することが多いです。ドレスの打ち合わせ、ヘアセットの打ち合わせ、招待状の準備、披露宴進行の打ち合わせ、会場装飾の打ち合わせ等沢山の事を決めなくてはいけないので、出来る限り早めに動きましょう。

 

今まさに結婚準備をおこなっているプレ花嫁、花婿はコロナ禍で結婚式のタイミングについて悩まれているご様子です。そんな方にオススしたいのが、前撮りを先に行うということです。

前撮り日程について

一般的に前撮りは挙式、披露宴の1ヶ月前に行うことが多いですが、昨今のコロナ禍により披露宴を延期せざる終えない状況にあります。そのため、前撮りを早めに行うことで、披露宴が延期になっても花嫁姿をしっかり親御様や友人へ披露できます。

最近はロケーション撮影で思い出の地にて撮影をするカップルさんも増えています。また、桜や紅葉など季節によって映えるタイミングもあります。

 

婚約指輪のご相談はWEDY山形店へ

いかがでしたでしょうか?現代ではそのニーズに合った顔合わせが行われております。結納や食事会までの準備として必須なのが、「婚約指輪」です。納期が2ヶ月前後かかるため、はやめの指輪探し、決定が必要となります。WEDY山形店ではたくさんのブランド、デザインからお二人にピッタリの指輪をご提案させていただきます。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

WEDY山形の詳細はこちら

ご来店予約はこちら

WEDY(ウェディ)山形
〒990-0042
山形県山形市七日町2丁目1-8
E-NASビル1F・2F
Tel:023-615-4171
Mail:y@jewelry-cf.com

ご来店予約で
5,000円プレゼント
仙台一番町店へ
電話する
店舗への
アクセスマップ