【婚約指輪 結婚指輪 仙台】ラザールダイヤモンド~虹色の輝きとなるまで~(WEDYイオンモール新利府南館店)

2024.06.28

イオン利府 結婚指輪・婚約指輪専門店 WEDYイオンモール新利府南館店
ブライダルコンシェルジュ 森山 美沙

 

美しい輝きで多くの人々を魅了してきたダイヤモンド。

ダイヤモンドは自然界のなかで結晶となりできますが、原石のままだと綺麗な石ではありますが、イメージするダイヤの輝きとは程遠いものです。

ダイヤモンドは初めて人の手が加わりカットすることで、まばゆい輝きが生まれます。どんなに良い原石でも、カットが良くなければ本領を発揮できません。美しい輝きのダイヤモンドをつくるには、ダイヤのカッティング技術が欠かせないのです。

本日はダイヤモンドの美しい輝きに徹底的にこだわっている、世界的にも有名な「ラザールダイヤモンド」をご紹介いたします。

 


ラザールダイヤモンドについて


 

結婚指輪 仙台 ラザール

”THE WORLD’S MOST BEAUTIFUL DIAMOND”  ~世界で最も美しいダイヤモンドを~

ラザールダイヤモンドの”輝き”に対する信念です。

虹のような七色の美しい輝きと上質な着け心地、洗練されたデザインが特徴的です。世界3大カッターズブランドの一つと称され、花火のようなパチパチととはじけるような力強い輝きが世界中の人々から愛されております。

結婚指輪はもちろん、婚約指輪のように大きなダイヤモンドがセッティングされているデザインですと、よりダイレクトに強い輝きを楽しめることから、WEDY利府店では婚約指輪を購入される4割ほどのお客様にお選びいただいております。

 


創始者 ラザール・キャプラン


世界三大カッターズブランドと称されるほどになったラザールダイヤモンドの歴史は、創始者であるラザール・キャプランの歴史でもあります。

1883年ラザール・キャプランは、宝石商の3代目として生まれました。1903年に20歳で独立し、ここからラザールダイヤモンドの歴史が始まります。

ラザール・キャプランは1914年に拠点をNYに移し、職人を教えることに尽力しました。また、理想的なプロモーションのカットである「アイディアルメイク」を実践し、ダイヤモンドの輝きを追求していきます。

そして1935年、著名な宝石商ハリー・ウィンストン氏から、726カラットもの巨大原石ヨンカーダイヤモンドのカッティングを任されたラザール・キャプラン。わずかなミスでも原石が粉々になるといわれた困難な作業を見事に成功させたことで彼の名前は世界に知れ渡り、ついには「カッティングの魔術師」と呼ばれるようになります。

 


4Cの基準確立に貢献


かつて、ダイヤモンドのクオリティは3C(カラット・カラー・クラリティ)で表されていました。しかし、ラザール・キャプランは、ダイヤモンドの美しさを構成する要素として、輝きを生むカットの重要性を説き、現在のスタンダードとなっている4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)の確立へと導いたのです。

現在ではこの4Cが、ダイヤモンドの品質を評価する基準として国際的に使われております。100年以上の歴史あるラザールダイヤモンドは、ダイヤモンドの歴史にも大きく関わっているブランドなのです。指輪選びの際にそのブランドの歴史を知ると、選ぶポイントにもなりますし、より一層思い入れが深まりそうですよね。

ラザールダイヤモンドの輝きを間近で体感すると、目が離せなくなるほど美しい輝きに引き込まれます。💎

ぜひWEDYイオンモール新利府南館店にて実際にご体感くださいませ。

 

WEDYイオンモール新利府南館店

宮城県宮城郡利府町新中道3丁目1-1 イオンモール新利府南館 2階

TEL:022-369-3701