モニッケンダム

イギリスを代表するダイヤモンドブランドMONNICKENDAM(モニッケンダム)は、1890年に創業後、ダイヤモンドの輝きを追及したカットを長年にわたり行ってきました。モニッケンダムでカットされたダイヤモンドはまばゆいばかりの輝きを放ち、今もなお世界中の人々を魅了し続けております。1948年には、エリザベス女王のご結婚祝いにダイヤモンドをカットするなど、英国王室からも信頼を集めている、ラグジュアリーブランドです。

モニッケンダムに関するブログはこちらから

【取扱店舗】仙台店・山形店

モニッケンダムの婚約指輪

モニッケンダムの結婚指輪

モニッケンダムヒストリー

世界三大カッターズダイヤモンド

モニッケンダムのダイヤモンドカット技術は世界で三本の指に数えられます。独自のカッティング技術と、美しい原石の選定により、白く美しく輝くダイヤモンド=ラグジュアリーホワイトのダイヤモンドへと生まれ変わります。熟練された職人の中からさらに選抜された職人のみがモニッケンダムのダイヤモンドのカットを許されており、1920年の創業から現在までの歴史を積み上げてきました。まばゆい輝きのダイヤモンドは花嫁の未来を照らし続けます。

モニッケンダム ダイヤ 世界三大カッター

女王陛下のダイヤモンド

モニッケンダムのダイヤモンドのエピソードの中の一つに、1948年のエリザベス女王のご結婚のお祝いに贈られたダイヤモンドのお話があります。当時タンザニア政府より寄贈されたダイヤモンド原石をモニッケンダムがダイヤモンドのカットを行いました。それは世界より多大なる賞賛を受けました。また、現在の王冠にはモニッケンダムがカットしたダイヤモンドが留められており、イギリス王室からの厚い信頼を感じさせられます。

モニッケンダム 結婚指輪 婚約指輪 仙台

世界を驚かせた (サークルオブラスター)

モニッケンダムのダイヤモンドの輝きに対しての探究心や熱意はとどまらず、1954年に「サークルオブラスター」を開発しました。これはガードル部分をファセットなしで磨き上げる技術で、非常に高い技術を要します。高い技術力と、研究への熱意により、より魅力的なダイヤモンドを生み出すことに成功しました。サークルオブラスターはダイヤモンドを上から見たときにサークル上に光がひろがり、それは光の輪のように感じられ、より心を動かされることとなるでしょう。

モニッケンダムの特徴

モニッケンダムの特徴

○ダイヤモンドカットはイギリスのロンドンにある工場で一括生産されている

○ダイヤモンドは4Cグレードにプラスして輝き(照り)の良さを重視

エリザベス女王を初めイギリス王室のジュエリーを担当している

世界三大カッターズダイヤモンド(ロイヤル・アッシャー、ラザールキャプラン)

モニッケンダム
PAGE TOP