ROYAL ASSCHER

ロイヤル・アッシャー
確かな歴史が物語る
「ロイヤル」の称号

1854年

ダイヤモンド・カンパニー設立

創業者のジョセフ・アッシャーが、オランダ アムステルダムにて「I.Jアッシャー・ダイヤモンド・カンパニー」を設立。

 

1902年

アッシャー・カット開発

ロイヤル・アッシャー独自の58面体の「アッシャー・カット」を開発。模範的な「スクエア・カット」と称され、現在も多くのダイヤモンドカッターや名門ジュエラーに流通している。

 

1903年

995ctのダイヤモンドカットに成功

1893年6月30日、当時、世界最大のダイヤモンド原石と言われる「エクセルシオール」(995ct)が発見される。大きなダイヤモンドであるため格段に神経を使う作業だったが、見事このダイヤモンドのカットに成功した。

 

1905年

3.106ctのダイヤモンドを発見

南アフリカで世界最大のダイヤ原石「カリナン」(3.106ct)を発見。英国王に献上される。カリナンは、価格が付けられない程の価値があると言われており、3.106ctの原石であれば、24億ドル(約2,600億円)以上の価値があるものだと言われている。その3年後、1908年にはカリナンのカットに成功。

 

1953年

エリザベス女王2世へカリナンを献上

エリザベス女王二世が戴冠式で、「カリナン1世・2世」がセットされた王冠と王笏を着用。

 

1980年

「ロイヤル」の称号を授かる

オランダ ユリアナ女王より、1世紀にわたるダイヤモンド業界を率引する役割が認められ「ロイヤル」の称号を授けられた。その後「ロイヤル・アッシャー」として、誇り高き名誉を社名に掲げている。

 

2000年

ロイヤル・アッシャー・カット開発

初代がアッシャー・カットの特許を取得してから約100年後、さらに進化を遂げた「ロイヤル・アッシャー・カット」を発表。「ロイヤル・アッシャー・カット」は国際的な特許に保護されたため、このデザインの美しさがコピーされることはなくなった。

 

2011年

2度目の「ロイヤル」の称号を授かる

オランダ王室より、再び「ロイヤル」の称号を授けられる。「ロイヤル」は30年ごとに更新されるため、その品質や技術を維持し続けなければならない。

 

2015年

ロイヤル・アッシャー・ブリリアント
カット開発

58面体の「アッシャー・カット」の美しさを尊重しながらも、さらに輝かしく華やかな、74面体の「ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット」の開発に成功。

 

ロイヤル・アッシャー
お取扱い店舗

宮城県 名取市の 結婚指輪・婚約指輪
オーダーメイド専門店
セントロフェリシタ イオンモール名取店


〒981-1294
宮城県名取市杜せきのした5丁目3-1
TEL:022-399-7914
OPEN:10:00〜21:00


ご来店予約で
ギフト券プレゼント

お電話にて
問い合わせ

店舗への
アクセスマップ