【婚約指輪 結婚指輪 山形】こだわりたいポイント第一位!着け心地について徹底分析(セントロフェリシタ)

2020.09.29
結婚指輪・婚約指輪専門店 セントロフェリシタ山形
ブライダルコンシェルジュ 小野志津枝

結婚指輪を選ぶ過程において、お二人の好みのデザインや、予算、好きなブランドなど
選び方はたくさんありますよね。様々な選び方があるなかで、本日“着け心地”に着目してみたいと思います。

着け心地と指の見せ方を左右するリングの形状

結婚指輪の形状として、主な種類といえば、「甲丸」と「平打ち」の2種類となります。

・甲丸リング

昔ながらで、現在も主となっている形状で、リングの表面にエッジがなく、丸みのあるフォルムです。さらに「内甲丸」といって、リングの内側、指通り側の丸みをつけることによって、滑らかな着け心地の違いを感じることが出来る形状もまた人気があります。

・平打ちリング

リングにエッジのあるスタイリッシュな形状です。全体的に四角いフォルムで、かっこよく、男性からも人気のある形となります。

自分の指のタイプに似合う形状とは

・根元から指先にかけて細くなるタイプ。

もっともスタンダードな指の形状の方には、甲丸タイプがよく似合います。このタイプの指の形の方は、根元に一番太さが出るので、指を閉じたときに両サイドの中指、小指にリングが当たります。そのため、個人差はありますが、角のない甲丸タイプが着けやすく、見え方も優しい印象を与えます。

・根元が細く節が出ているタイプ

いわゆる節高(ふしだか)のタイプの方は、日常で力仕事があったり、運動などで手をよく使ってきた方や、女性でのサイズが細い方にもよく多くみられます。節高タイプの方は、一般的な甲丸タイプも着けやすいですが、平打ちタイプもよく似合います。根元がすっきりしている指の形状なので、平打ちのスタイリッシュな形状をつけていただくと、手のカッコよさが生き、よりすっきりとした印象になります。

いかがでしたでしょうか。指輪の選び方は様々ありますが、デザインや素材のほかにも、自分にしっくりくる“形状”というものがあるのです。セントロフェリシタでは皆様の手の雰囲気やバランスに合わせて、コンシェルジュが的確なアドバイスをいたします。ご自分に一番似合うフォルムを探しに是非一度ご来店ご相談くださいませ。

セントロフェリシタ山形の詳細はこちら

ご来店予約はこちら

セントロフェリシタ山形
〒990-0042
山形県山形市七日町2丁目1-8
E-NASビル1F・2F
Tel:023-615-4171
Mail:y@jewelry-cf.com


ご来店予約で
ギフト券プレゼント

お電話にて
問い合わせ

店舗への
アクセスマップ