【婚約指輪 結婚指輪 山形】どんな指輪が似合うの?注目アドバイス!(セントロフェリシタ)

2020.07.15
山形 結婚指輪・婚約指輪専門店 セントロフェリシタブティック山形
ブライダルコンシェルジュ 石川 千尋

結婚指輪を下見に行くことなって楽しみ!でもどんな結婚指輪が似合うんだろう・・・と疑問に思う方も多いはずです。普段から生活の中で着けっぱなしで使う結婚指輪だからこそ、似合っていることが大事ですし、せっかく一生ものを選ぶなら自分らしいものを選びたいですよね。そこで今回は3つの指タイプ別に、似合うリングのポイントを解説します。結婚指輪選びの参考にしてくださいね。

指のタイプ別 似合う指輪選び解説

指長い・太さが根本から指先までほぼ同じタイプ

指がすらりと長い方はどんな指輪も似合います。ただし、あまり幅がない細い指輪を選んでしまうと、指先が寂しげな印象に見えることがあります。そのため、婚約指輪であれば目立つモチーフや大きなダイヤモンドなど、結婚指輪であれば1本で身に着けたときに指とのバランスが取れたものが良いです。鏡で手を映して、指輪の幅と指のバランスを見て、指輪の存在感の強弱だけ気を付けましょう。ボリュームの出る重ね着けも似合うので、婚約指輪と結婚指輪をセットで購入するのもおすすめです。

手の節がある メリハリがあるタイプ

指の関節が気になる方は関節を通るサイズを選ぶ必要があるため、指の付け根で多少指輪がゆるくなってしまう場合があります。ある程度の幅とボリュームのある指輪なら、ゆるめでも違和感なく根本で馴染み、節がある印象も和らげてくれてます。指輪のデザインが一周施されているものだと根本で指輪がくるくる回ってしまっても気になりづらいかもしれません。避けた方が良いのは、指とリングの隙間が目立つ、細くい幅のタイプの指輪です。また婚約指輪では、センターストーンがあるデザインの場合、回転しやすくストーンの位置がずれてしまうのでサイズを測るときに注意で、センターストーンの他にサイドにメレダイヤモンドが施されているデザインだと良いかもしれません。

指の太さ長さが気になる 長く細く見せたいタイプ

指の太さが気になる方におすすめなのは、ウェーブ、V字タイプのような抜け感のあるデザインや、指をすっきり見せてくれるタイプです。幅の太すぎるデザインですと、根本にやボリュームを感じてバランスが綺麗にでないため程よい太さと厚みのものをお勧めします。避けた方がいいのは、細すぎる華奢なタイプのデザインです。手元全体とアンバランスになってしまいますので、細くて華奢な指輪が欲しい場合は、細いアームを2本使ったデザインに空間のある幅広デザインのものが良いです。

指のタイプ別でご紹介しましたがいかがでしょうか?実際に結婚指輪や婚約指輪を試着してみて、初めて似合うデザインが分かりますので、一度お店にご来店いただきコンシェルジュからアドバイスをもらうことが一番いいと思います。セントロフェリシタでは、お客様が一生身に着けていくブライダルリングを、末永く安心してお気に召していただけるようにご提案させていただきます。

セントロフェリシタブティック山形はブライダルリングオーダー専門店です。男性様、女性様のご希望を専門のスタッフが丁寧にお伺いし、お二人に満足いただける指輪選びを全力でサポートさせていただきます。皆様のご来店を、セントロフェリシタスタッフ一同、心よりお待ちしております。

セントロフェリシタブティック山形の店舗詳細はこちら

ご来店予約はこちらから


来店予約

電話する

カタログ請求